SEO対策あれこれ

  • h1タグはページ内で一箇所だけテキストで使用する。
  • h1⇒h2⇒h3と順番に使用しないとページ構成に矛盾があるとされる。
  • titleタグは最も重要であり、かつ重要な文字はなるべく先頭に記載したほうがいい。
  • ヒットさせたい検索ワードは、そのページの○%以内で利用しないと効果がない。また、ページの最初の方に記述したほうがいい。
  • keywordタグは、○個以内で記述すべきだ。また、keywordタグがページ本文中に配置されている必要がある。
  • strongタグはバランスよく配置することが重要だ。
  • URLパーマリンクは、”_”(もアンダースコア)より”-“(ハイフン)を使用する。
    ※Googleでは明確なアナウンスが出ています。
  • 有料広告もSEOには効果がある。(?)
  • amazonのアフェリエイトはSEOには効果がある。(?)

などなど…

しかし、Yahoo!JAPANもGoogleも検索結果の表示順は、ウェブマスター向けのヘルプで多少のガイドラインは公開してはいるものの、詳細は非公開であり、また検索エンジンは日々進歩しているため、「コレダ!」とは誰も断定できないのが実情でしょう。

ゆえに、眉唾的なTip’sまでもが存在しています。下手な小細工を施してペナルティを受けせっかく施した対策が、水の泡になりかねません。 ブロビズでは、できる限りこれらのSEO対策Tip’sを調査・実践し、継続的に、ご契約者様に情報提供していきたいと思います。


ドメインのURLについて

SEOを考える上で重要なことは、どのドメインでSEOを施すか?ということです。私の会社には、1つのドメインしかないんですが・・・ と、思われるでしょうが、実は、トップドメインでも複数のURLが存在するのです。

この続きは、フォローアップページ及び、サポートフォーラムで・・・