オープンソースで開発

オープンソースで開発

WordPress(ワードプレス)は、PHP言語で開発されている、アプリケーションです。 誰もが開発に参加できるとともに、リリースされ続ける最新バージョンを、無料で利用できます。

Woespressを稼働させる為には、バックエンドにMySQLのデーターベースが必要です。このデータベースもまたオープンソースである為、誰もが無料で利用できるようになっています。※MySQLは実際には商用ライセンスもあるデュアルライセンス形態です。

オープンソースで開発されると言うことは、世界中のエンジニアがそのソースコードを閲覧できることであり、開発者にフィードバックすることで、プログラムに潜むバグ(不具合)の指摘や改修を可能にします。従って、オープンソースで開発されたソフトウェアーは、品質が高いとされています。

WordPressは、個人日記からメジャーなニュースメディア、出版関連企業、各種団体、学校、政府行政機関などまで幅広く採用されていて、ブログやウェブサイトとして世界中で利用されています。


バージョンアップが繰り返されている

wikipediaによると、Wordpressの歴史は古く2003年5月に0.7版として最初のダウンロード版が公開されているようです。

WIKI:WordPress

その後に、度重なる改版によって、2014年11月現在は、4.0版としてリリースされています。

近年では、セキュティ強化や機能の改善が施され、使いやすい管理画面が提供されるようになりました。

ブロビズがWordpressを採用しウェブサイト作成部門を立ち上げたのが、2007年5月ですが、これまでに大きなトラブルも無く運用できております。

日本でも大規模なWordpressの乗っ取りがありました

某有名なレンタルサーバーのホスティング環境で下で、2013年中旬に、Wordpressを狙った大規模な乗っ取りがありました。

しかし、レンタルサーバー会社のファイルのアクセス権の設定に起因するもので、Wordpressそのもののセキュリティの脆弱性を利用した乗っ取りではありませんでした。