Google Webmaster Tool の活用

2013年頃までは被リンクの数だけが重要視されていた

被リンク

2013年頃までは、被リンク数が重要視されていて数千円~数万円で、発リンクを請け負う業者がありました。

以前の検索エンジンは被リンク数によって、検索順位が変動していた時期もあり、サイトオーナー様や、ウェブ担当者様が、これらのリンクを購入していたようです。

中には、ワードサラダと呼ばれる日本語の文脈の意味を成さない量産されたサイトからの発リンクまでもありました。しかし、現在その様なサイトはGoogleからペナルティサイトとされています。

2013年以降は関連性の無いサイトからの発リンクはリスクでしかなくGoogleから手動のペナルティをもらう対象になっています。

被リンクはウェブマスターツールで調査可能

被リンクはWeb Master Toolで、調査することができます。もし、前述の好ましくないサイトからリンクが張られている場合は、過去に依頼した発リンク請け負い業者に連絡してリンクを外してもらいましょう。

ただ、数年たった現在、その業者が存在していない可能性や、発リンク削除に応じない業者もあるようです。

そういった場合は、Web Master Tool より、経緯を連絡し被リンクの解除(非承認)を申請して解除してもらいます。

Web Master Toolにログインしてペナルティを受けている場合は、直ちに行動してください。

被リンクに頼らないSEO対策

被リンクに頼らないSEO対策

SEO会社を否定する訳ではありませんが、検索エンジンのアルゴリズムによって安易なSEO対策は既に終わっています。良質なコンテンツを投稿し続ける事が重要視されていますので、SEO会社に頼りきらないSEO対策を実施してください。


検索エンジンを騙す手法のSEO対策は既に終わっています。